直感的なデザインを、すべての人に

WordPressテーマ『JIN:R』は、「誰でも直感的なサイトデザインできるツールを作る」という難題を叶えるために、株式会社CROOVERが3年をかけて開発した"超大作"です。

デザインの幅はもちろん、裏側である「UI」にも最高にこだわって仕上げました。ぜひ実際に体感してみてください。

Blocks

かんたんにQ&Aが作れる「アコーディオン」を搭載!ブログでもLPでも幅広く活躍します

jinr-theme

Q & Aを作りたい時には「アコーディオン」のブロックがとても役立ちます。

ブログ記事はもちろん、トップページやLPでも使いやすいデザインに仕上げました↓

よくある質問
FAQ
Q
JIN:Rは複数サイトで使うことができますか?

はい、できます。ご自身の所有するサイトであれば、複数サイトでご利用いただいて構いません。

なお、同居する家族間であればテーマを共有して利用いただいて結構です。例えば、旦那さんが購入したライセンス1つで、奥さんもJIN:Rでブログを始めたり、お子さんがサイト作成にチャレンジするといったことも問題ありません。

Q
JIN:Rを業務委託で使うことはできますか?

ご自身の所有するJIN:Rで、他人のサイトを作成する行為はライセンス違反行為と見做します。テーマに含まれるアイコン・CSS・画像といったデータを二次配布する行為であり、利用規約に沿って著作権の侵害料を徴収させていただきます。

なお、クライアントがJIN:Rを所有しており、そのサイトのデザインを担当する場合はライセンスに抵触致しません。あらかじめクライアント側にライセンス購入をお願いしておいてください。

Q
JINとJIN:Rの違いってなんですか?

JINは、WordPressの旧エディター(Classic Editor)に最適化したテーマとなっております。利用者も多いのでQAが豊富にあります。旧エディターの方が好きであれば、JINの方が向いているかもしれません。

JIN:Rは、WordPressの新エディター(Gutenberg)だけに特化した新テーマです。直感的かつ柔軟なトップページ作成・記事執筆の能力を持っているため、これから始める人にはこちらをお勧めしています。

もちろん色のコントロールも可能です。「テーマカラー」と近い色にして使うことで、サイトとしての統一感も演出できます↓

よくある質問
FAQ
Q
JIN:Rは複数サイトで使うことができますか?

はい、できます。ご自身の所有するサイトであれば、複数サイトでご利用いただいて構いません。

なお、同居する家族間であればテーマを共有して利用いただいて結構です。例えば、旦那さんが購入したライセンス1つで、奥さんもJIN:Rでブログを始めたり、お子さんがサイト作成にチャレンジするといったことも問題ありません。

Q
JIN:Rを業務委託で使うことはできますか?

ご自身の所有するJIN:Rで、他人のサイトを作成する行為はライセンス違反行為と見做します。テーマに含まれるアイコン・CSS・画像といったデータを二次配布する行為であり、利用規約に沿って著作権の侵害料を徴収させていただきます。

なお、クライアントがJIN:Rを所有しており、そのサイトのデザインを担当する場合はライセンスに抵触致しません。あらかじめクライアント側にライセンス購入をお願いしておいてください。

Q
JINとJIN:Rの違いってなんですか?

JINは、WordPressの旧エディター(Classic Editor)に最適化したテーマとなっております。利用者も多いのでQAが豊富にあります。旧エディターの方が好きであれば、JINの方が向いているかもしれません。

JIN:Rは、WordPressの新エディター(Gutenberg)だけに特化した新テーマです。直感的かつ柔軟なトップページ作成・記事執筆の能力を持っているため、これから始める人にはこちらをお勧めしています。

アコーディオン展開部のデザインや動きにもこだわっていますので、ぜひ実際にクリックして動きを確かめてみてください。

直感的なサイトデザインを、いますぐ

ABOUT ME
ひつじ
ひつじ
ブロガー / WEBデザイナー
WordPressテーマ「JIN」の制作者として、設計とデザインを担当している。

会社員として働くのが嫌すぎて、2016年に収入0円でブログ起業。SEOとアフィリエイトを組み合わせて開始1年で月100万円超の利益を達成する。

しかしその反動でアフィリエイトには飽きてしまい、もともと好きだったデザインを武器に、チームでWordPressの開発をおこなっている。
ダウンロードはこちら

Download

JIN:Rは買い切りライセンス。
サブスクリプション課金は一切不要です。

記事URLをコピーしました