サイトデザイン設定

「ページフレーム」の設定

ひつじ
「カスタマイズ」>「サイトデザイン設定」の上部

JIN:Rは「ページフレーム」を変更することで、1クリックでデザインをガラッと変えることができるように工夫して作られています。

斬新なスタイルの「トリム」、安定感のある「フルワイド」、デザイン性が際立つ「トランスレート」の3種類から選べるようになっています。

自分好みのものにぽちぽち切り替えて、デザインを調整してみてください!

ひつじくん
ひつじくん

各デザインの使い分け

トリム:記事本文のパーツが大枠で囲われるようなデザインとなります。手軽にかっこよくキマる本テーマの推しデザインですね。

フルワイド:記事本文のパートが全幅の白になります。たとえばトップがLP(ランディングページ)のようになっていてコンテンツ部分をスッキリさせたい時は、このタイプを選ぶのがベストでしょう。

トランスレート:記事部分がすべて透過になり、透けて見えます。表現の幅がもっとも広くて「背景色」や「背景画像」や「背景ブロック」などを使いこなすと、大変クリエイティブなデザインに仕上がるのが特徴(中級者向け)

こういった感じで、利用シーンに合わせてフレームを選んでもらえるといいと思います。

よくある質問

Q
トップと下層で、ページフレームを別デザインにしたい

ページフレームは1タイプ決め打ちとなっています。トップページと下層ページでフレームを使い分けることはできません。

どうしてもデザインを使い分けたい場合は、下層ページはディレクトリを切って、そこにWordPressとJIN:Rのテーマをもう1つ入れて、デザインを切り分けてもらう必要があるでしょう。

Q
「トリム」「フルワイド」の差がわからないんだけど・・・?

背景色が白になっていると「トリム」「フルワイド」「トランスレート」の違いは一切分かりません。

「カスタマイズ」>「カラー設定」にある「背景色」を何か設定してみてください。そうするとデザインの違いがわかるようになると思います。

他の記事も読んでみましょう

ABOUT ME
ひつじ
ひつじ
ブロガー / デザイナー
WordPressテーマ「JIN」の制作者として、設計とデザインを担当している。

会社員として働くのが嫌すぎて、2016年に収入0円でブログ起業。SEOとアフィリエイトを組み合わせて開始1年で月100万円超の利益を達成する。

しかしその反動でアフィリエイトには飽きてしまい、もともと好きだったデザインを武器に、チームでWordPressの開発をおこなっている。
記事URLをコピーしました