初期設定

JIN:Rへのテーマ移行(乗り換え)の方法&注意点

wp-jintest

「既に持っているブログテーマを変更して、JIN:Rで使っていきたい」というケースは多々あると思います。

たとえば『Cocoonでブログを書いているけど、これをJIN:Rに変更したい』といったニーズですね。

最初に言っておくと、30記事以上書いた状態で乗り換えるのは結構大変です。

記事の文章は残りますが、旧テーマの「機能」「デザイン」「専用ブロック」は引き継げません。ここを置き換えていく作業が必要になります。

従って、できるだけ「ページ数の少ないサイト」「歴史の浅いサイト」から乗り換えを行ってもらうほうが無難だと言えるでしょう。

ひつじくん
ひつじくん

例を挙げますと「Cocoon→JIN:Rに移行する」の場合、WordPress純正機能で作ったもの(記事・画像など)はJIN:Rに変えてもそのまま問題なく使えます。

しかし、Cocoon専用機能で作ったもの(ショートコード、専用ブロック等)は、テーマ移行によって崩れてしまいます。ここを手作業で「JIN:Rのものに置き換えてもらう」が必要になってくるわけですね。

なので繰り返しますが、既にがっつり作り込んでいるサイトほど、テーマ移行(乗り換え)はなかなか骨の折れる作業となります。

JIN→JIN:R移行プラグインは現在開発中となっています。β版は既にでき上がっていますので、テスト完了後のリリースとさせていただきます。

ではでは長い前置きが終わったところで、実際どうやって乗り換えを進めていけばいいのか、記事にしたいと思います。

テーマ移行にあたって必要となる作業

Cocoon→JIN:Rテーマ移行に関する作業を、簡単に動画にしておきました。

Cocoon → JIN:Rを有効化

JIN:Rを「ダウンロード」したら「インストール」してテーマを有効化しましょう。

ここまでは初期設定のマニュアルに書いている通りなので、省略させてもらいます。

記事デザインが崩れている

CocoonからJIN:Rにテーマ変更すると、記事デザインがしっかり崩れます。

  • ボックス
  • 吹き出し
  • タイムライン

など、いままでCocoonの機能で使っていたものがすべて崩れます。

見出しとリストは一括で置き換え可能

標準ブロックの「見出し」と「リスト」はJIN:Rの設定で一括置き換え可能です。

「カスタマイズ」>「その他の設定」に進みます。

そうすると「見出しタグとリストタグにテーマ独自のclassを付与」の項目が見つかりますので、これをONにしましょう。

そうすると「見出し」と「リスト」に関しては一括で置き換えが可能になります。

残りの崩れている部分を1つずつ置き換える

Cocoonのブロックを使っていた箇所を削除して、JIN:Rのオリジナルブロック(ボックス、吹き出しなど)に置き換えてもらう必要があります。

たくさん記事のある人は崩れる期間が長くなってしまいますので、いったん記事を他サイトにエクスポートして、そこでブロック置き換えを進めるのもおすすめです。

記事のエクスポートはWordPress管理画面の「ツール」>「エクスポート」のところで行えます。そこで記事データをダウンロードしましょう。

次に、使っていないサイト(レンタルサーバーの初期ドメインなど)にWordPressを入れてログイン。WordPress管理画面の「ツール」>「インポート」で先ほどのファイルをインポートすると全記事が入ります。

そうやって作った複製サイトで全記事のブロック置き換えを完了させます。完了次第、本サイトをJIN:Rに切り替えて、完成した記事をコピペしていくとスムーズに乗り換えられます。

ちょっとめんどくさいですが、これを移行する記事の分だけ行っていただく必要があります。

ちなみに、WordPressの純正ブロックで作成しているアイテム(テキスト、画像…)は置き換える必要はありません。あくまでもテーマ専用のブロックを置き換えないといけないというものです。

他にもこういった作業が必要になる

記事のブロック置き換え以外にも「Cocoon設定」など、他テーマの独自機能で登録したものは再設定してもらう必要があります。

「マーカー」などの文字装飾に関わる部分は表示されなくなるので、再設定が必要となります。

「Cocoon設定」に登録してあるGoogleアドセンスの設置タグは、JIN:R設定の「HTMLタグ管理」に貼り直してもらう必要があります。

「Cocoon設定」に登録してあるGoogleアナリティクスの設置タグは、JIN:R設定の「HTMLタグ管理」に貼り直してもらう必要があります。

「Cocoon設定」に登録してあるSearchConsoleの設置タグは、JIN:R設定の「HTMLタグ管理」に貼り直してもらう必要があります。

「Cocoon設定」に登録してある広告タグは、JIN:R設定の「広告管理」に貼り直してもらう必要があります。

「Cocoon設定」に登録してあるSEO関連の設定は、JIN:R設定の「SEO管理」にて再設定してもらう必要があります。

最終チェック

テーマ移行が終わったら、これらを最終チェックをしてください!

  • 記事デザインは崩れている部分がないか?
  • Googleアドセンス広告は表示されているか?
  • Googleアナリティクスのアクセス統計は取れているか?
  • サーチコンソールのデータ取得はされているか?
  • SEOのタイトル設定は、ちゃんと意図したものになっているか?
  • 記事の広告はちゃんと表示されているか?

すべて問題がなければテーマの乗り換えは問題なく終えているといえるでしょう。

他の記事も読んでみましょう

ABOUT ME
ひつじ
ひつじ
ブロガー / デザイナー
WordPressテーマ「JIN」の制作者として、設計とデザインを担当している。

会社員として働くのが嫌すぎて、2016年に収入0円でブログ起業。SEOとアフィリエイトを組み合わせて開始1年で月100万円超の利益を達成する。

しかしその反動でアフィリエイトには飽きてしまい、もともと好きだったデザインを武器に、チームでWordPressの開発をおこなっている。
記事URLをコピーしました