記事の書き方

JIN:Rで「アフィリエイト広告」を貼る方法!

ひつじ

WordPressテーマ「JIN:R」でアフィリエイト広告を貼る方法について解説していきます。

そもそもアフィリエイト広告の形には、

  1. バナー広告
  2. テキスト広告
  3. ボタン広告

の3種類があります

バナー広告の例

テキスト広告の例

公式サイトはこちら

ボタン広告の例

こういった「アフィリエイト広告」の作り方について解説します。

JIN:Rでアフィリエイト広告を作る方法

バナー広告の作り方

バナー広告を作る時は、ASPで「バナー広告」のコードをコピーして、それを「カスタムHTML」のブロックの中に貼り付けましょう

やり方です↓

ASPで、バナー広告のコードをコピーしていきます。

WordPressの執筆画面に入って、「カスタムHTML」のブロックを作ります。

「カスタム」で検索すると見つけやすいです。

カスタムHTMLにコードを貼る

※広告の画像はプレビューはされません。実際の記事をみると、バナー広告が表示されています。

テキスト広告の作り方

テキスト広告を作る時は、ASPで「自由テキスト広告」をコピーしてきて、「カスタムHTML」に貼り付けましょう!

ASPで、テキスト広告(自由テキストのもの)をコピーしていきます。

例えば、A8.netなら「リンク先URLをコピー」

例えば、もしもアフィリエイトなら「どこでもリンク」をコピー

WordPressの執筆画面に入って、広告を貼り付けたいテキスト部分にリンクします。

広告を貼り付けたい部分を選択(マウスで引っ張って選択)して、リンクのアイコンを押します。

そうすると、入力欄が出てくるので、さっきコピーしたコードをそのまま貼り付けましょう

ボタン広告の作り方

ボタン広告を作る時は、ASPで「テキスト広告」をコピーしてきて、JIN:Rブロックの「ボタン」>「アフィリエイトコード」に貼り付けましょう!

ASPで、テキスト広告(自由テキストのもの)をコピーしていきます。

WordPressの執筆画面に入って、「ボタン」のブロックを作ります。

アフィリエイトコードを貼る

ボタンの「アフィリエイトコード設定」を開いて、テキスト広告をコピーしましょう。

ボタンテキストを変更するには、コードの中身のテキスト部分(自由テキストと書かれているところ)を探して、「公式サイトはこちら」などに書き換えましょう。

JIN:Rで広告を一括表示する方法

JIN:Rで広告を一括表示する(1箇所の入力で、全記事に広告を出す)には「広告管理」か「ウィジェット」を利用しましょう!

「ウィジェット」を使って広告を一括表示する

JIN:Rには、広告を一括表示したい時に使いやすい「ウィジェット」を用意しています

例えば、記事終わりに一括で広告を入れたいなら、、

「記事おわり」のウィジェットを開いて、その中で「カスタムHTML」を作って広告コードを貼りましょう。そうすると、記事の最後に一括で広告が表示されるようになります!

もし「一部のカテゴリーだけ広告を表示したい」といった場合には「カテゴリー区別」のブロックを使ってもらえると、出しわけ対応も可能です。

JSONエラーでウィジェットが保存できない場合
レンタルサーバーの「WAF設定」が保存の邪魔をしている可能性があります。サーバーにログインして、セキュリティ設定の「WAF設定」をOFFにしてお使いください。

「広告管理」を使って一括表示する

管理画面で「JINR設定」>「広告管理」に進むと、ここでサイト内の広告を一元管理できるようになっています。

JINR設定 > 広告管理へと進んだ画面

貼り方はさっきと同じ。広告を表示したい箇所にコードをそのまま貼り付けてください

あとは、設定を保存するボタンを押してもらえると完了です!

JSONエラーでウィジェットが保存できない場合
レンタルサーバーの「WAF設定」が保存の邪魔をしている可能性があります。サーバーにログインして、セキュリティ設定の「WAF設定」をOFFにしてお使いください。

購入するには「公式サイト」に移動してください。

他の記事も読んでみましょう

ABOUT ME
ひつじ
ひつじ
ブロガー / デザイナー
WordPressテーマ「JIN」の制作者として、設計とデザインを担当している。

会社員として働くのが嫌すぎて、2016年に収入0円でブログ起業。SEOとアフィリエイトを組み合わせて開始1年で月100万円超の利益を達成する。

しかしその反動でアフィリエイトには飽きてしまい、もともと好きだったデザインを武器に、チームでWordPressの開発をおこなっている。
記事URLをコピーしました