有料記事を販売できるようになりました!

JIN:R DEMO15をインポートした人のマニュアル

ひつじ

DEMO15をインポートした人のマニュアル

トップページ(記事)を編集していく

WordPressの黒いバー上にある「固定ページを編集」をクリックして、トップページ編集画面に進みましょう。

ファーストビューを作る

ここを完成させるには

  1. 画像を変更する方法

を知っていればできます!

ひつじくん
ひつじくん

ちなみに、単純な画像ではなく「ヘッダー画像」を使うことも可能です。お好みに合わせて使い分けてください。

案内を作る

ここは「デザイン見出し」「画像」「リッチメニュー」が組み合わさってできています。

ひつじくん
ひつじくん

コンセプト部分を作る

先ほどと同じように「デザイン見出し」が使われています。

ここに関しては特に難しい要素がないので、

テキストを変更して使ってもらえるだけでも十分かと思います。

ひつじくん
ひつじくん

ご利用の流れ

このご利用フローには「リンク」「タイムライン」といったアイテムが使われています。

基本的には、テキストを書き換えていってもらえれば9割完成すると思います。

  1. リンクを変更する方法
  2. タイムラインの使い方

を参考に、設定していってください!

ひつじくん
ひつじくん

PRエリアを作成

このPRエリアには「ボタン」のブロックが使われています

ここを完成させるには

  1. ボタンの使い方

を知っていればできます!

ひつじくん
ひつじくん

「アクセス」を完成させる

最後にアクセスを仕上げます。

左側には「Googleマップのコード」を記載するための場所が用意されています。

以下の方法で、店舗のマップコードを取得して、コードを貼り付けてください!

ひつじくん
ひつじくん
Mapコードを取得する方法
  1. まず、https://www.google.com/maps をウェブブラウザで開いてください。
  2. 画面左上の検索バーに、地図上に表示させたい場所や住所を入力し、Enterキーを押して検索します。
  3. 正確な場所が表示されたことを確認し、右下のマップ上にある「ペグマン」のアイコンの横にある、「共有」ボタンをクリックします。
  4. 共有ダイアログが開いたら、「埋め込みマップ」タブをクリックします。
  5. 「埋め込みマップ」タブ内にあるドロップダウンメニューから、地図のサイズを選択してください。選択肢は「小さい」、「中」、「大」、「カスタムサイズ」です。カスタムサイズを選ぶことで、任意のサイズに地図をリサイズできます。
  6. サイズを選択したら、画面に表示されるHTMLコード(iframe埋め込みコード)をコピーします。このコードを使って、ウェブサイトやブログにGoogleマップを埋め込むことができます。
ここまで終わった人へ

お疲れ様でした!

記事URLをコピーしました